上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今回から白酒を語ろうと思っていたのですが、けんぞーさんが紹興のことを更新中なのでそれに連動してもうちょっと紹興酒のことを掘り下げてみます。(私のネタがつきるのもちかい?!)
紹興酒は、造り方によって4種類に分けられるとしている本が多いのでオイラもそれに従うことにします。
元紅酒、加飯酒、香雪酒、善醸酒の4種類です。

紹興酒の分類 (醸造法により4つに分類される) 《直糖分による分類》
Ⅰ.元紅酒(げんこうしゅ) 《乾型黄酒》
 もっとも歴史の古い伝統的な製造法によるものであり、紹興酒造りの基本。殆どが中国国内で消費される。
 アルコール分15~16% 糖分0.5%以下
Ⅱ.加飯酒(かはんしゅ) 《半乾型黄酒》
 元紅酒に次ぐ歴史を持つ伝統的な製造法によるもの。元紅酒より1割以上もち米を多く使用しており(加飯とはこの意)、その分コクと香に富む高級品。食中酒として最適であり、最も輸出量の多い紹興酒である。一般的に紹興酒と呼ばれるのが加飯酒である。
 アルコール分17~18% 糖分2%
Ⅲ.善醸酒(ぜんじょうしゅ) 《半甜型黄酒》
 今世紀初頭に開発された甘口の紹興酒。1~3年貯蔵した元紅酒を仕込水に一部使用する。
 アルコール分15% 糖分8%
Ⅳ.香雪酒(こうせつしゅ) 《甜型黄酒》
 仕込水の代わりに紹興酒の酒粕より取った焼酎を使用する。かつては、紹興酒の甘さ調整に使われた。日本のみりんの製造に似ている。
 アルコール分18~20% 糖分20%

上の表は色々な本のパクリだよ。

今回は、説明だけで終わるけど、次回は中国の熊(マァオ)さんと八(パー)つぁん《架空の人物》にご登場願って元紅酒と加飯酒と花彫酒のこんがらかったお話を酔っ払い親爺なりにまとめてみるよ。また、何回かにまたぐかもしれないけどね。 今回は、自分でも面白くないお話でした。(函館弁?)
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kyokukenzo.blog13.fc2.com/tb.php/63-b7c06f2d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。